【卓球初心者・中級者向け】試合で勝てない方へサーブ練習の重要性・概要

卓球
スポンサーリンク

こんばんは!あき茶です!

今回は初心者・中級者向けにサーブ練習の重要性と練習法について記載していきたいと思います。

皆さん、サーブ練習してますか?

大事大事って言われるけど、地味だし楽しくないからやってなーい
練習時間は限られてるから、サーブ練習にかける時間がなーい

こういう方多いのではないでしょうか?

それでもやはり

どんな方でもサーブ練習は取り入れた方がいいです!

今回は改めてサーブ練習の重要性とその練習方法について、記載していこうと思います!

初めに軽く自己紹介

僕は中学初めアラサーの卓球人で卓球歴は15年程度となっています。

戦型は右シェーク裏裏のイケメンドライブ型←黙れ

戦績は地域や県のオープン大会のB級C級で、優勝・入賞できるかといったTHE中級者

指導というほど大それたことは言えないですが、大学生などへの助言歴があります。

僕自身に興味を持って下されば、プロフィールを見て頂けると嬉しいです!https://akichablog.com/akicha-profile/

サーブ練習の重要性

サーブの重要性に関して、卓球を始めて少し経っている方は聞いたことがあると思いますが、

サーブは1球目攻撃!

これです。

卓球は対人スポーツなので、基本的には相手の打ったボールの影響を受けることになりますが、サーブだけは

ルールの範囲内で自分が思ったように出せます

ここで良いサーブが出せれば、相手のレシーブをある程度制限することができます。

例えば、回転のかかった短い下回転サーブを出せば攻撃的なレシーブを受けることは少なくなりますし、長いロングサーブを出せば大きいラリーの展開になりやすいです。

次に格上とやる時のことを考えてみましょう!

格上とやる時って普段練習してるラリーなどで負けてますか?

むしろ3~5球目以内で終わることが多いのではないでしょうか?

少なくても僕は、終わってましたw

しかしサーブ練習を普段の練習に取り入れていくことで、格上ともラリーまで持っていくことはできるようになりました!←勝てるとは言ってない

現在はチキータが流行していることで、台上からも攻撃的なレシーブが来ることがあるため、以前ほどサーブの絶対有利はないかもしれませんが、それでもサーブの重要性は変わらないものと思います。

最近のある程度上手い中高生…
チキータの標準装備やめてもらっていいですか?笑

  

良いサーブの構成要素

良いサーブの構成要素を3つに分けて記載していきます。

回転

サーブで出す回転の種類として、大きくは下回転・上回転・横回転・逆横回転があり、複合的に横下回転横上回転がありますね!

これに加えて、回転量(どれくらいかかっているか)があり、かかっていないものがナックルです!

下回転やナックルを主流にする方は多いですが、すべて出せた方がいいですし、どれが正解とかはないので、自分が思った通りのものを出せるようになりましょう!

回転量に関しては、かければかけるほどレシーブされた時も大変なので、一概にかけた方がいいわけではないと思っています。3球目攻撃をミスった時は「サーブかけすぎた!」と思いましょう!

嘘です。どんな回転でも打てるよう練習しましょう!

自分が出したい回転を出せるようになりましょう!
3球目攻撃を意識することも大事!

高さ

これはなるべく低くですね!

たまに悪ふざけでロビングサーブ的なものを出しますが、

いいところありません!(稀にミスってくれますがw)

高いと強く打たれやすくなります。

ネットすれすれを狙いましょう!

コツとしてはサーブの入射角をできるだけ小さくしましょう!

できるだけ低いところ(台に近いところ)でインパクトして下さい。

できるだけ低く、ネットすれすれを狙いましょう!

長短

大きくはショートサーブ、ロングサーブ、ハーフロングサーブがあります!

ショートサーブ

基本的には1番使用頻度が多いと思います!

台上で2~3バウンド以上するサーブで、相手に強く打たれづらく、台上からの展開になりやすいです。

短いサーブを出すコツは最初のバウンド(自陣のバウンド)をネットすれすれに落とすこと!

ロングサーブ

相手の意表を突くときや大きいラリーを展開する時に使うサーブです。球速を早くするとより相手は取りづらいです。

ロングサーブを出すコツは最初のバウンドを自陣のエンドラインぎりぎりに落とすこと!

1点注意したいのは、相手のミス待ちで出さないことですね…

その時点で弱気になってます。

ガンガン行こうぜ!!

僕もミス待ちで出してしまいますが(笑)←え?

ハーフロングサーブ

相手のコートでぎりぎり2バウンドするくらいのサーブです!

ちょっと難しいですが、1番使えると思います。

短いサーブは台上得意な人にとっては、ストップしやすいし攻撃もしやすいようです。

ネットとの距離が短い分入れやすいみたいですね。

その点ハーフロングはネットに近すぎないので、相手のストップが中途半端になりやすいです。台から出るか相手に迷わせられるのも良い点!

格上とやる時は基本ハーフロングサーブからの展開にしています。

ショートやハーフロングをメインに意表をついてロングサーブを使用しましょう!
ロングサーブでミス待ちは二度としません!

今回はこの辺で力尽きます!

サーブを出す際の考え方や練習方法などは明日更新させて頂きます。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました