【卓球初心者・中級者向け】サーブで考えること・練習方法

卓球
スポンサーリンク

先日、試合で勝てない方へサーブ練習の重要性・概要等について記載しました!

まだ見てない方は下記から

今回はサーブで考えること・練習方法について執筆していこうと思います。

初めに軽く自己紹介

僕は中学初めアラサーの卓球人で卓球歴は15年程度となっています。

戦型は右シェーク裏裏のイケメンドライブ型←黙れ

戦績は地域や県のオープン大会のB級C級で、優勝・入賞できるかといったTHE中級者

指導というほど大それたことは言えないですが、大学生などへの助言歴があります。

僕自身に興味を持って下されば、プロフィールを見て頂けると嬉しいです!

サーブが大事なのは分かった(分かってた)けど…

・何を考えて出すの?
・どうやって練習するの?

自分の得意な技術に繋がるサーブを出します!
多球練習がおすすめですが、それだけではNGです!

サーブの考え方

サーブに関して、それのみで得点できるに越したことはありませんが、勝ち進むにつれてそれはどんどん難しくなってきます。

先日執筆しましたが、サーブは1球目攻撃です!

ですがそれだけで決まる場面は少ないです。

そこで重要になってくることが、

自分の得意な技術・もしくは不得意な技術は何か?

これを考えること…

1球目攻撃であるサーブが強力であれば、相手のレシーブを制限することができるため

得意な技術に繋げる・不得意な技術をしなくて済む

ことができるようになります!

相手に不自由を強要できる…

厨二心をくすぐりますねw

例えば短い下回転系のサーブから始めれば3球目は

対下回転ドライブ、台上処理になることが多いですし、

上系のロングサーブから始めれば3球目は引き合いなどのラリーになることが多いです。

このように自分の得意・不得意を考えてからサーブを考えると、どういったサーブを出すのが良いか考えやすくなります。

これに加えて、試合では相手の得意・不得意まで考えられるとより良いですね!

1つ言えるのは

単純なサーブは単純なレシーブ

が返ってきやすく、

複雑なサーブは複雑なレシーブ

が返ってきやすいです。

3球目が苦手な方はサーブをできるだけシンプルにしてしまうのも1つ手かもしれませんね!

自分の得意・不得意から考えて、サーブを出していきましょう!
3球目攻撃を考えるとシンプルな方がベター!

練習方法

練習に関しては、多球練習がおすすめですが、それだけではNGで対人練習も必要です。

使い分け等含め記載していきます。

多球練習

多球練習は球を多く使う練習ですので、数を多くこなすことができます!

数をこなすっていうと言い方が良くないですが

サーブ練習は

練習量=質・精度の向上

の公式が唯一なりたつものだと思います。

対人スポーツは相手がいるので、努力が必ず報われるとは思いませんがサーブだけは違います。

極論サーブは自分だけで出すものなので、やればやるほどいいサーブが出せるようになります!

どんどん数をこなしていきましょう。

ただ多球練習はどうしてもグダグダしやすい…

そんな時は目標を決めましょう!

10球連続で3バウンド以上させる

10球連続でロングサーブをエンドラインぎりぎりに出す

などですね!

更に良くするなら、

回転をかけた上で、3バウンド以上させる

エンドラインぎりぎりのフォア、バック、ミドル3点に正確に出せる

などですかね。

さらに上を目指すなら…確実にエッジ(台の角)に当てられれば勝てます(笑)これをする時は謝罪の練習もセットですることをお勧めします。

目標に関して、古典的ではありますが、潰れた球などを狙いたい場所に置いておくのも良いですね!

エンドライン際に置いて、ロングサーブで当てる、ハーフロングサーブの2バウンド目で当てるなどなど…

対人練習

多球練習だけでなく、対人練習も大事です。

レシーブする人の有無

実際人が構えてるかどうかだけでも結構変わります。

1人で練習してる時は短いサーブが出せるけど、対人練習になるとサーブが台から出てしまう場面…

ありませんか?

もしくは大会などで緊張すると、サーブが出てしまうなど…

台の違い等も少しあるかもしれませんが、普段の練習から対人を意識できているかどうかで試合場面でのサーブも変わってきます!

多球練習で対人を意識することは難しいので、

人に構えて貰っての練習

普段の練習からの意識を高める

これらを取り入れていきましょう。

3球目攻撃等を含むパターン練習

初めの方にも記載したように、サーブだけで得点できる場面は勝ち進む程少なくなっていきます。

そのため、サーブ以降の3球目攻撃等の練習が必要になってきます。

ここで1つお聞きしたいことがあって、

何となく下回転サーブからの3球目攻撃練習ばかりをしていませんか?

確かに対下回転ドライブなどを練習することは重要ですが、試合ではそれだけではありません。

ここでは自分の得意なパターンを作る3球目攻撃を練習することをおすすめします!

僕個人の話ですが、僕は試合では横下回転のハーフロングサーブ(2バウンド目がぎりぎり台から出ない)を多用しますが、何となく練習での3球目攻撃は下回転のショートサーブから始めていた時期がありました。

普通に考えてこの3球目攻撃練習…試合では、あまり反映されませんよね?

当時の僕がアホなだけかもしれませんが中々これに気づかず、

3球目攻撃練習してるのに試合ではあまり打てない…

など悩むことがありました。笑

目的は分けて考える必要があり

対下回転ドライブをしたいのであれば、対下回転ドライブの多球練習や下回転サーブからの3球目攻撃をすれば良いです。

しかし、3球目攻撃をしたいのであれば、どういった攻撃がしたいか、自分がどういったサーブから展開していくのか考えていく必要があります。

何となく下回転サーブからの3球目攻撃ばかり練習している人は、今一度目的が合っているか考えることをおすすめします!

多球練習でサーブの質・精度の向上を図り、
対人練習で3球目以降のパターンを作っていきましょう!

今回はこの辺でお暇させて頂きます。

それでは皆さん、良い卓球LIFEを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました