【卓球初心者向け】おすすめラケット5選

卓球初心者
スポンサーリンク

おはようございます!こんにちは!こんばんは!あき茶です!

いろいろ言われながら始まりましたが、オリンピックやっぱり最高!

卓球競技の活躍も素晴らしいですね

今回はこれから増えるであろう(願望)卓球人に向けて初心者おすすめのラケットを紹介させて頂きたいと思います!

初めに軽く自己紹介

僕は中学初めアラサーの卓球人で卓球歴は15年程度となっています。

戦型は右シェーク裏裏のイケメンドライブ型←黙れ

戦績は地域や県のオープン大会のB級C級で、優勝・入賞できるかといったTHE中級者

指導というほど大それたことは言えないですが、大学生などへの助言歴があります。

僕自身に興味を持って下されば、プロフィール見て頂けると嬉しいです!

1,000円ラケットはやめましょう

上記の通りなのですが、よくスポーツショップなどで売っている初めからラバー(ラケットに貼られているもの)が貼られている

1,000円ラケットはおすすめできないです。

まだ始めていない方からすると、セットで安いからいいと思われるかもしれませんが、間違いなく安物買いの銭失いになります。

本当に試しで卓球したいくらいならいいかもしれませんが、間違いなくやればやるほどハマっていく競技だと思います!

またラケットは割れたりしない限り比較的長く使えるものなので、安くても5,000円前後はかけた方がいいと思います。

ペンorシェーク?

ラケットはペンを握るように持つペンラケットと

握手するように握るシェークハンドラケットに大きく分かれます。

現代卓球ではシェークハンドが主流ですが、ペンでも全然ありだと思います。

むしろ人が少ないからこそ相手が嫌がるので、勝ちやすいという側面もあります。

なので1度握ってみた感覚でどちらがいいか決めてしまうと良いです。

どうしても決めきれない方はシェークハンドにした方が、手本となる方が多いという意味で無難かと思われます。

初心者におすすめするラケットの条件

卓球を始めるにあたってまずは用具を選ぶと思いますが、いざ始めると種類がたくさんあって戸惑うと思います。

基本的にラケットは1本の木からかたどられているのではなく、5枚や7枚など奇数枚数で張り合わされているものがほとんどで、その木と木の間に特殊素材(カーボン等)が入っている場合があります。

この中で初心者におすすめとされるものは5枚合板などのある程度弾みが押さえられているものとなります。

その理由としては

卓球台は長さ2.74m×幅1.525m×高さ60cm程度と他競技と比較すると、狭い台の中に強い球を入れる必要があります。ここでラケットの弾みが良くなりすぎると、自分のスイングで打てなくなってしまい、入れるだけで精一杯になってしまいます。

なのである程度自分のスイングが固まるまでは、比較的弾みの弱いものを選ぶ必要があります!

また購入に関しては、大手のスポーツショップ等より、卓球専門のショップやネットショップ等の方が割引等が多いのでおすすめです。

基本的には定価の20〜30%offなら安いかなといった印象です。

初心者におすすめのラケット5選

以下に値段等も踏まえた上でおすすめ順に「メーカー名 ラケット名」を記載していきます。

1位 STIGA オールラウンドクラシック

おすすめ第1位は純木材ラケットの名作が数多くあるSTIGAのオールラウンドクラシックになります。

こちらは王道の5枚合板で初心者にはかなりお勧めできるものです。

STIGAはデザイン性が高くてイケメンなラケットが多い!

定価は7150円となります。

スポンサーリンク


2位 victas スワット

おすすめ第2位は元々はTSPというメーカーが出していたラケットでトップ選手の使用実績もある

victasのスワットです。

こちらは先ほどおすすめしていた5枚合板ではなく7枚合板になるのですが、弾みが押さえられており、初心者でも使いやすくなっています。またトップ選手の使用実績もあるので、安心して長く使えるものです。

定価は6050円となります。

スポンサーリンク


3位 STIGA BANDAオールラウンド

第3位はまたしてもSTIGAからBANDAオールラウンドとなります。

こちらは卓球界で伝説と言われているスウェーデンのワルドナーという選手が好んでいたシリーズのラケットになります。

こちらも王道の5枚合板ですが、オールラウンドクラシックより弾む。弾むと言っても弾みすぎず、初心者にもおすすめできるものです。

定価5280円となります。

スポンサーリンク


4位 YASAKA 馬琳エキストラオフェンシブ

第4位は中国トップ選手の使用実績もある

YASAKAの馬琳エキストラオフェンシブとなります。

こちらは1~3位と比べると、純木材ラケットの中ではやや弾みが強いものになります。

それでも初心者でも扱いやすいレベルかと思われます。

定価は9900円と少しお高くなります。

スポンサーリンク


5位 Nittaku バイオリン

第4位はNittakuよりバイオリンになります。

Nittakuはオリンピックでも活躍されている伊藤美誠選手が契約しているメーカー

バイオリンは人気の弦楽器シリーズと言われるものの中で比較的弾みの弱いものです

デザイン性も高く、性能は初心者にもおすすめできてかなり良いのですが…

定価19,800円とお財布に全然優しくない(笑)

長く卓球を続ける覚悟がある方にはいいかもしれませんが、初心者には…うん


まとめ

今回おすすめしたラケットはどれも初心者におすすめできるラケットになっています。

値段を加味して考えると、1~3位のラケットが無難かと思われ、長く続けるつもりであれば、4,5位もありという感じです!

今回はここまで!

初心者様のラケット選びに貢献できたら嬉しいです!

これから一緒に卓球を楽しんでいきましょう(^^)

ここまで読んで下さった優しい皆様!

次回も期待していいですか?笑

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました